天気予報

35

26

みん経トピックス

鹿児島の人気CMキャラ鹿児島「奇跡」舞台あいさつ

鹿児島の雑貨カフェにオープンテラス-ガーデニング雑貨店とコラボ展開

  • 0
鹿児島の雑貨カフェにオープンテラス-ガーデニング雑貨店とコラボ展開

オープンテラスではドリンクも。

写真を拡大 地図を拡大

 鹿児島の雑貨カフェ「Checker Berry(チェッカーベリー)」(鹿児島市照国町、TEL 099-223-2430)に5月、オープンテラスが完成した。

 店舗面積は約14坪。ステーショナリーグッズや小物雑貨、海外アンティーク物のマルシェ袋などを販売するほか、ボックス型の什器を使い20人ほどの作家のハンドメード雑貨を受託販売する。カフェスペースではドリンク(350円)やランチ(約800円)を提供(ランチは予約のみ)。メニューは店主の神田美奈子さん自らが作るパンやスープ、季節のケーキなど。アレルギーや子ども用メニューの相談にも乗る。

 「ペット連れの利用客が外でもお茶ができるように」とオープン時からテラスを設けていたが、忙しくて手入れができない時期があったという。今回のオープンテラスは、ガーデニング雑貨専門店「ツールボックス」(吉野町)とのコラボで改築したもの。「ドルフィンポート(本港新町)で定期的に行われる『てづくりドルフィンマーケット』などのイベントで一緒になることが多かった。その縁もあり、今回からアンテナショップのような形でオープンテラスでの販売に至った」と「ツールボックス」店長の渕正明さん。

 アイデアを出し合い、当初のテラスで使っていた古材や店内にあった物を再利用して棚などを作った。2坪ほどの広さに休憩スペースを設けたほか、ホーロー製のカップ(441円)やブリキジョーロ(2,100円)などのガーデニング雑貨が並ぶ。

 「テラスでは、多肉植物の単品であったり寄せ植えであったりと、すでに完成した状態での販売も行っているのでイメージしやすいのでは。『植物+ガーデニング雑貨』をベランダやインドアに飾る際の参考例を提案していく場にできれば」と神田さん。

 営業時間は11時~18時。水曜・第2日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「麦とホップ」異人館記念缶、九州8県で発売 明治維新150周年を前に  150周年を迎える異人館をデザインした 「麦とホップThe gold 異人館150周年記念缶」が発売された(写真提供=鹿児島市)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング