天気予報

19

6

みん経トピックス

鹿経ダントツ「猫おじさん」ゆかたdeライブin鹿児島

「桜島火山灰プロジェクト」始動-「灰製」西郷さん・ツンを鹿児島土産に

「桜島火山灰プロジェクト」始動-「灰製」西郷さん・ツンを鹿児島土産に

灰の質感のリアルさも魅力。

写真を拡大 地図を拡大

 桜島の灰を押し固めて作った西郷隆盛・愛犬のツン・坂本龍馬などの販売を軸に、火山灰を使った新たなビジネスモデルを構築しようという「桜島火山灰プロジェクト」がスタートした。運営は鳥取のモルタル・マジック(池原工業)。

商品ラインナップ

 厄介な桜島の火山灰を、「びっくりするような」商品開発で「宝」に変えようと始まった同プロジェクト。年明けから県内各地で土産品として販売する同商品は、メディアに取り上げられるなどして一躍話題になった。その後、同社社長の池原正樹さんを中心にさらなる商品開発が進み、今日までに10種類をラインアップ。宿泊施設や土産店などでの販売体制を整える。

 砂の質感がリアルに表現された同商品は、ブロックやレンガを積むときに使われるモルタルで作られる。セメントに砂を混ぜ水で練ったモルタルと独自の造形技術を駆使し、鳥取砂丘の砂を使ってオリジナル商品の開発に取り組んできた同社。垂水市が灰を缶詰にした土産品を販売したというニュースを知り、可能性を感じた池原さんは垂水へ。2~3カ月かけて同商品の完成にこぎ着けた。

 「鳥取でも砂は塩害で洗濯物が外に干せないなど厄介なものだが、それを使ったビジネスはほとんどなかった」と話す池原さん。灰を採取する垂水市に通ううち、「人の温かさや食べ物のおいしさから、鹿児島が好きになってしまった」こともあり、同プロジェクトを構想。現在は垂水市とタッグを組み、火山灰を買い取るビジネスモデルや、それらを使った新事業で雇用を生み出す仕組みづくりに奔走する。今後の展望について「10年後、地域に根付くような事業になっていれば」と話す。

 販売場所は、鹿児島空港やJR鹿児島中央駅、「道の駅たるみず 湯っ足り館」、桜島物産館。天文館では「観光物産館 池畑天文堂」や「ホテルパレスイン鹿児島」など20カ所以上で取り扱う。

 ラインアップは、「ビッグ西郷さん」(1,100円)、「ミニ西郷さん」(480円)、「西郷さん愛犬:ツン1」(480円)、「ビッグ坂本龍馬」(1,100円)、「ミニ坂本龍馬」(480円)、「桜島火山灰ミニペコちゃん」(700円)、「モアイ(灰)」「灰」「へ」ストラップ(380円~)など(以上、価格は全て税別)。今後も増やしていく予定だという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング