暮らす・働く

鹿児島で地域密着を目指した不動産店 トークイベントや交流会も開催

「CK不動産」宅地建物取引士・代表久保さん(右)とご縁作り係・下川さん(左)

「CK不動産」宅地建物取引士・代表久保さん(右)とご縁作り係・下川さん(左)

  •  

 鹿児島市中央駅西口から徒歩5分のところに不動産店「CK不動産」(鹿児島市西田、TEL 099-203-0858)が3月1日オープンした。

CKテラスで行われたCKリビングパーティーの様子

 鹿児島中央駅半径1キロ以内を「CK(Central Kagoshima)エリア」と定義し、コミュニティーづくりを目指し完全地元密着型の不動産業を展開する。鹿児島で不動産業に勤めていた久保力也さんが「地域に根差した不動産をしたい」と独立し、賛同した小・中・大学の同級生、下川秀人さんと共に立ち上げた。

[広告]

 「自分たちが住んでいる・働いているCKエリアでお互い友達を増やしたい」という思いから同エリア内異業種交流会「CKリビングパーティー」を月1回開催。「飲食店だけでなく、ビルの屋上、醸造店の駐車場などスペースがあればどこでも開催する。非日常的な場所でも皆が集まる家の『リビング』として楽しめればよい」と話す久保さん。

 コワーキングスペースやコミュニティースペースを提供する「CKテラス」を事務所内に設立。「利用者同士のつながりも深めたい」という思いから月3~4回、さまざまな業種の人を呼びトークイベント「ヒトログ」も開く予定。第1回は4月23日に開く。

 元々「オトナの社交場」や「5253祭」などのイベントを運営していた2人。「人とのつながりによって仕事以外に得るものも多かった」と話す。「今後はエリアに特化し、お部屋の紹介だけでなく、人と人をつなげる新しい形の不動産店にしたい。このエリアは面白い・こんなお店がある・こんな人がいるという形でにぎわいをつくりながらこのエリアに住む人が増えていき、ゆくゆくはエリア全体が活気づき経済も潤っていけばうれしい」と熱く語る。

 営業時間は10時~18時。CKテラス内はWi-Fi・電源・利用料は無料。出入り自由。