学ぶ・知る

鹿児島で教育改訂に伴う英語の教え方講座 第2回も

講座の様子

講座の様子

  •  

「ホームティーチャーになるための英語の教え方講座」が8月25日、かごしま県民交流センター(鹿児島市山下町)で開催された。講師は、Naomi's English ROOM代表の藤田尚美さん。

講師の藤田尚美さん

2020年より文部科学省の新しい学習指導要領に伴い、小学3・4年生から外国語活動(英語)がスタートとなり、小学5・6年生からは成績に反映される強化となる。2020年には、大学入試センター試験の廃止により始まる「共通テスト」で、「読む」「聞く」の技能に加え、「話す」「書く」の4技能型テストが受験の必須となる見込み。

[広告]

 講座には子育て中の母親や小学校の教諭、保育士などが参加。英語を使った遊び心溢れるエクササイズや「誰でも簡単に取り組める」アクティビティーも盛り込んだワークショップ型の講座を行った。

 藤田さんは「話す、書くにおいては、思考力を問われる傾向が年々高まっているため、幼少期から思考のトレーニングが必要。講座では指導者のコーチングスキルを磨き、英語が話せない人でも、英語教育において必要な質問力があれば十分に子どもの才能を引き出すことができる」と話す。

2回目の講座は9月16日。開催時間は10時~16時。参加費は2万5,000円。定員は15人。問い合わせはホームページで受け付ける。