食べる

「ハローキティ鹿児島カレー」販売開始 空港やホテルで

サンリオとコラボした「ハローキティ鹿児島カレー」のパッケージ

サンリオとコラボした「ハローキティ鹿児島カレー」のパッケージ

  •  
  •  

 鹿児島の南海食品(鹿児島市谷山港3)が5月11日、「Hello kitty(ハローキティ)鹿児島カレー」を発売した。

 サンリオコラボ企画「Hello kittyおいしい日本カレーめぐり」の鹿児島バージョンとな同商品。47都道府県の銘柄牛を使ったレトルトカレーの企画で、「ハローキティ鹿児島カレー」で7県目となった。1974(昭和49)年に誕生し幅広い年代に親しまれている「ハローキティ」をモチーフに、表面は全国統一デザインでキティのリボンの色が各県で異なっている。裏面には各県の風景画像を使用。鹿児島はリボンの色が黒で、裏面には桜島の画像をあしらっている。

[広告]

 同商品は、「第11回全国和牛能力共進会」で和牛日本一に輝いた「鹿児島黒牛」を使用。野菜の甘みと鹿児島黒牛のうま味が凝縮された甘口から中辛のビーフカレーとなっている。鹿児島の空港やホテルなどの売店で販売。今後は鹿児島中央駅での販売も予定している。

 南海食品の岩川卓磨営業部長は「サンリオとのコラボ企画で、子どもから大人まで年齢を問わず女性に人気のハローキティを使ったデザインで、ハローキティファンからの購入も期待できる。鹿児島の新しい土産品になるのでは」と期待を込める。

 内容量は200グラムで、希望小売価格は540円。

  • はてなブックマークに追加