見る・遊ぶ

天文館のスクリーンに「薩摩剣士隼人」-ダイジェスト版上映、握手会も

「薩摩剣士隼人」がスクリーンに登場。天文館シネマパラダイス

「薩摩剣士隼人」がスクリーンに登場。天文館シネマパラダイス

  •  

 昨年10月からテレビ放送がスタートした鹿児島のご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人」が7月20日から夏休み期間限定で、「天文館シネマパラダイス」(鹿児島市東千石町、TEL 099-216-8833)のスクリーンに登場する。

天文館アーケード内で撮影したシーン

 内容は「薩摩剣士隼人」の第1部全10話とそれに続く「第1部完結編」のダイジェスト版(約90分)。完結編では、6月に天文館のアーケード内で撮影した「イッシー編」の一部シーンも上映予定。第1部完結編は今年10月から、鹿児島テレビで放送を予定している。

[広告]

 「撮影にはたくさんのエキストラに参加していただいた。ダイジェスト版だが、(参加した方はテレビ放送よりも早く)自分の姿を見つけることができるかも」と制作総監督の外山雄大さん。「薩摩剣士隼人は『鹿児島を元気に』という思いが込められたまちおこしの素材。天文館の映画館にも同じコンセプトがある。コラボすることでさらに力を発揮できれば」とも。

 天文館シネマパラダイス総支配人の柳田弘志さんは「他の上映映画との兼ね合いもあり大手では難しいこと。地元が作る映画館だからこそ可能な鹿児島ならではの企画」と話す。初日は柳田さん、外山さん、「隼人」「ヤッセンボー」が舞台あいさつを行うほか、上映後は「隼人」「ヤッセンボー」「プリモゼ」の握手会&撮影会を行う。スケジュールが合えば、他の日にもキャラクターが登場する予定もあるという。

 20日の開催時間は18時~20時。21日以降は毎日10時30分から1回上映。8月31日まで。入場料は1,000円(中学生以下500円)。期間中、3階ロビーで「薩摩剣士隼人」のグッズも販売。薩摩剣士隼人のイベント会場や天文館地区の商店、鹿児島銀行などに配布されているチラシ持参でポップコーンが進呈される。