暮らす・働く

桜島で「ウォークインロックフェス」、開催迫る-2年目の地元フェス

昨年の薩摩唐芋楽団BLOODYのステージの様子

昨年の薩摩唐芋楽団BLOODYのステージの様子

  • 0

  •  

 野外音楽フェスティバル「WALK INN ROCK FESTIVAL!」が4月19日、桜島多目的広場(鹿児島市桜島横山町)で行われる。主催は「WALK INN STUDIO」(中央町)。

会場の様子

 昨年8月に初開催し、約1300人を動員した同フェス。販売したチケットの半分は手売りや当日券でさばけており、多くの地元の人が賛同したことがうかがえる。ゲスト出演した横山健さん(Hi-Standard/KEN YOKOYAMA)がステージで、「日本一小さいフェスだが、数少ない血の通ったフェスだ」と言葉を残すなど、「地元フェス」として華々しい出だしを飾った。

[広告]

 今年は地元バンド27組、ゲストバンド6組の出演が決定。インストユニット射守矢雄と平松学をはじめ、民族系トランスロックバンドHABANA、多国籍バンドJOHNSONS MOTORCAR、2012年に再結成したポップパンクバンドHUSKING BEE、dustbox、シンガーソングライターのタテタカコさんが来鹿。

 迎えるのは、BACKSKiD、人性補欠、下水丸、あいまいネイビー、BLOODY、The Honest rad、コジマサトコさんなど、地元で着々と力をつける地元アーティストら。元GO!GO!7188のベーシスト・アッコさんらによるトーキョーキラーや、地元から東京に拠点を移したテスラは泣かない。、FAT PROP、雨のパレードも。トップバッターを飾るのは、4月1日に初開催する「TEENSバンドオーディション」で勝ち残った高校生バンドだ。

 「昨年同様、飾ったフェスじゃなく、わざと学園祭っぽいものをやりたい」と意気込む代表・野間太一さん。参加者自身が考えて動ける余地を残した「スカスカ感」が、「フェスを楽しもう、作り上げよう」とする参加者の自然なDIY精神を生んでいるという。「僕らの街は、僕らで創る。その地盤を作るためにフェスを続けていきたい。いつか自然に、大物バンドが出たがるフェス、おはら祭りに次ぐような祭りになっていればいいな(笑)」とも。

 10時30分開場、11時開演。チケット料金は前売り=3,000円、18歳以下=1,000円、中学生以下は保護者同伴で無料。駐車場は台数限定で設ける(1,000円)。ウォークイン(TEL 099-296-9888)、SR Factory(TEL 099-227-0337)ほか、各プレイガイドで取り扱う。