暮らす・働く 学ぶ・知る

鹿児島で大学生向け「企業と学生の垣根を超えた交流会」 大学生3人が企画

学生団体「はたおり」の実行委員3名

学生団体「はたおり」の実行委員3名

  •  

 就活の枠組みを超えた企業と学生の交流会「CONNECT VOL.1」が9月29日に楽天鹿児島オフィス(鹿児島市山之口町)で開催される。主催は学生団体「はたおり」。企業5社が参加する。

企業と学生たちで話し合った内容をプレゼンする様子

学生団体「はたおり」代表の寺田麗ヶ蘭(てらだりりか)さんは「大学3年生から始める世間一般的な就職活動に違和感を持っていた。もっと前段階から企業の人とつながりを持つことで、よりお互いの人間性や会社の空気を知ることができる。学生にも就職活動のハードルを下げることで、カジュアルに企業と接点を持ってほしい」との思いから交流会を企画で。

[広告]

8月11日に行われた交流会には、鹿児島県内の企業7社と学生(大学生、専門学生、高校生含む)21人が参加。7社の企業紹介の後、各グループに分かれ、企業内の現状やリソース、課題を共有。学生たちならではの視点で課題解決のアイデアや新しいプロジェクトを作るワークショップを開催した。

参加した下園薩男商店の下園正博さんは「義務教育だけではうまくいかなくなってきているこの時代。主催の熱い思いに共感して参加した。ワークショップを通じて学生から実現できそうなアイデアを頂いた。今回のイベントに終わらず企画書を作り、ぜひ実現に持っていきたい」と話す。

 開催時間は13時~16時。学生無料。