食べる

天文館にハンバーガー主力の洋食店 店内は「薩摩モダン」コンセプトに

店内の様子

店内の様子

  •  

 ハンバーガーをメインに提供する天文館の洋食店「Grill×Burger&CraftBeer Nikanbashi Burger Bar」(鹿児島市山之口町、TEL 099-224-3211)がに12月12日、リニューアルオープンした。

テキサスサルサベーコンチーズバーガー

 客席は70席。店名の由来は、南九州の観光拠点として魅力を発信し、地元に貢献できるよう新しく、エリア名「Nikanbashi(二官橋)」を加えた。

[広告]

 店内は「薩摩モダン」をコンセプトに、薩摩の歴史と異国の雰囲気や現代テイストを掛け合わせたデザインにしたという。プロジェクターやテレビなども設置し、結婚式の二次会やスポーツバーとしても利用を呼び掛ける。

 グリルやハンバーガーなど洋食をメインに、「クラシックビーフパティ」(1,000円)、「スペアリブ」(980円)、「アンガス牛のグリル」(4,980円)、「テキサスサルサベーコンチーズ」(1,300円)などを提供する。ビールは、カールスバーグ、クラキルケニー、霧島ビール、伝兵衛黒、クラフトビールなどをそろえる。

 支配人の岡本誠さんは「鹿児島には少ない薩摩モダンの雰囲気を楽しんでもらいたい。2月にはランチも始めた。ぜひ来てほしい」と話す。

 営業時間は、朝=6時30分~10時、昼=11時30分~、夜=18時30分~23時。