暮らす・働く 学ぶ・知る

鹿児島市、桜島火山防災啓発映像を公開 犠牲者ゼロを目指す

桜島火山防災啓発映像のタイトル

桜島火山防災啓発映像のタイトル

  •  
  •  

 桜島の大規模噴火に想定した桜島火山防災啓発映像を4月1日、鹿児島市が公開した。

火山災害から身を守るポイント

 市民の防災意識を高め、一人一人が命を守るための準備と心構えを持つことの重要さを広く市民らに周知することを目的に「知る・備える・行動する 桜島の大規模噴火~その時、あなたはどう動く?~」をタイトルとし、啓発映像を制作しホームページに公開。

[広告]

 鹿児島市は3月、桜島の防災力を高め内外の広く発信する「火山防災トップシティ構想」を策定。大規模噴火でも犠牲者ゼロを目指すなどの目標を揚げ、映像制作はその一環。命を守るための準備と心構えを持つことの重要さを伝えるための活動に取り組んでいる。

 動画は、「近い将来には同規模の噴火が起きると考えられていること」「過去の噴火を知る」「大規模噴火に備えた取り組み・対策」「今、大規模噴火が起きたら」「これから自分ができること」「身を守るためのポイント」という内容で構成されている。

 鹿児島市危機管理課長の中豊司さんは「105年前に発生した大正噴火の規模は、桜島が普段繰り返している噴火の数十万倍の大きさであり、この規模の噴火は私たちの多くが経験していないのが現状。過去に桜島でどのような噴火があったのか。もし、今、大正噴火と同じ規模の噴火が発生したらどのようなことが起こりうるのか。桜島と共に生きている私たちだからこそ知っておきたい桜島の「過去」と「いつ起こってもおかしくない最悪のシナリオ」を、映像という分かりやすい手段で、これからさまざまな場面でいろいろな方に活用してもらえるよう周知していきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加