見る・遊ぶ

マルヤガーデンズで「七夕まつり」 飾り竹灯籠のライトアップも

さつま町竹細工展示の様子

さつま町竹細工展示の様子

  •  
  •  

 鹿児島市のマルヤガーデンズ(鹿児島市呉服町)に7月1日、「さつま町×マルヤガーデンズ七夕まつり」が始まった。

薩摩切り子風鈴

 さつま町も協賛する同イベント。さつま町との取り組みは今年で3年目となる。マルヤガーデンズで七夕企画を考えていた際、「竹の産地、鹿児島らしい七夕企画にしたい」ということから、鹿児島でも有数な竹の産地であるさつま町に協力を依頼し、七夕の時期に竹装飾や竹を使ったワークショップなどを開催。マルヤガーデンズ館内にさつま町の特産品を使った装飾も登場し、夏を感じさせる演出も施している。

[広告]

 1階では、宮之城伝統工芸センターの竹細工に「エムスタイル」がフラワーアレンジを施した花器を展示。今年は初企画として、「薩摩びーどろ工芸」の薩摩切り子風鈴10個やクリスタル製宙吹き風鈴20個を展示している。

 屋上では、星やホタルがあしらわれた飾り竹灯籠20本をライトアップ。七夕の7日には、竹細工で「コースター作り」(500円)、「切子カット体験キーホルダー」(1,296円)、「ポイントグラス」(3,024円)、「鶴田手すき和紙の缶バッジ作り」(200円)も行う。

 営業時間は10時~20時。7日のイベントは11時~14時。

  • はてなブックマークに追加