見る・遊ぶ

鹿児島でクリスマス恒例「チャリティーコンサート」 タップダンサーも

昨年のステージの様子

昨年のステージの様子

  •  
  •  

 鹿児島県文化センター(鹿児島市山下町)の宝山ホールで12月22日、「よしだポップスオーケストラ 21stチャリティーコンサート」が開催される。

 同オーケストラは1997(平成9)年11月に結成された音楽団体で、約50人が所属。今年で結成22年目を迎え、1月には鹿児島市社会教育優良団体として表彰された。コンサートは今年で21回目となり、昨年は約1000人が来場した。

[広告]

 代表の中島徹己さんは「今年の話題の曲なども取り入れ、聴く人を飽きさせない演奏で客席とステージが一体となったコンサート」と紹介する。「収益金から福祉施設へ、主に車いすを贈る活動を継続中で、今年は地元の福祉施設へ2台贈る予定」とも。

 当日は、鹿児島市芸術文化協会「第45回春の新人賞」を受賞したタップダンサーのTAKAMARUさんも参加し、ダンスを披露する。

 中島さんは、「大人から子どもまで楽しめるポップス音楽のひとときを一緒に『響感(きょうかん=バンドのメインテーマ)』できれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は15時~17時。指定席1,500円。自由席=大人1,000円(当日1,200円)、高校生以下=500円(当日700円)。