3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「5分で人物を描こう」 鹿児島・天文館で鉛筆素描レッスン 

講師を務める神話画家の古賀星羅さん

講師を務める神話画家の古賀星羅さん

  •  
  •  

 鹿児島・天文館のショップ&ギャラリー「SOMETHING(サムシング)」(鹿児島市東千石町、TEL 099-294-9577)4階で2月16日、「5分で人物を描く クロッキー会」が開催される。

 昨年12月から展示されている合同展示会「6sense」の関連イベント。12月に行われた初回のクロッキー会は満員になる申し込みがあり、それを受けて2回目の開催が決定した。講師は同展にも作品を出展中の神話画家・古賀星羅さんが務める。

[広告]

 「気軽に絵を楽しんでもらえるような会を以前から開催してみたかった」と古賀さん。同展が2カ月にわたる展示になるため、「期間中、何かワークショップを加えては」と関係者から声があり、開催に至った。

 クロッキーはフランス語の「croquis」で、素早く描くことを意味する。参加者は描く役とモデル役を交代で行う。5分~10分で1画を仕上げ、「2時間で10人ほどを描くことになる」という。

 初回の参加者は30~40代が中心で、女性がやや多め。ほとんどがクロッキーのような素描は初めて。スケッチブックやクロッキー帳などは持参してもらい、デッサン用の芯の長い鉛筆は主催者側で用意した。

 「初めての人は顔や目から描く傾向がある。当レッスンではまず全体のシルエットを描いてもらい、そこから細かい部分に入るようにアドバイスする」という。「上手に描こうと思わなくていい。初めての方も前回参加した方も、気軽にお越しいただければ」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は13時~15時、16時~18時の2回。受講費は800円(農園ガーデン空のいちご付き)。