3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

鹿児島・荒田にスパイスカレー店「ちゃぶやカレー堂」 テークアウトも

季節のお野菜カレー

季節のお野菜カレー

  •  
  •  

 鹿児島大学近くに4月4日、スパイスカレー店「ちゃぶやカレー堂」(鹿児島市荒田)がオープンした。

店内の様子

 カウンター4席にテーブル3卓を含め席数は12席。「アレルギーの人以外は、世界中誰でも食べられるダイバーシティーなカレーをそろえている」と店主の白澤繁樹さん。メニューは「季節のお野菜カレー」(900円)、特製唐揚げの「チキンカレー」(1,200円)、かわなべ牛の「メンチカツカレー」(1,300円、以上全て税別)など。メニューリストには、ビーガン、ベジタリアン、「ムスリムフレンドリー」への対応状況も表記している。

[広告]

 白澤さんはブランディングやデザインなどのクリエーティブエージェントとして、主にフード関連のプロデュースを手掛けてきた。その一つ、東京・自由が丘のレストラン「菜道」(目黒区)はビーガンやベジタリアンにも対応した和食を提供している。

 同店のコンセプトは「無化調」。化学調味料を一切使わない「罪悪感のないカレー屋」。多種類のスパイスを使いながらも辛味を抑え、野菜から引き出したうま味をベースとし、和だしを使う。精製された砂糖や塩も使わず、天然のものを使う。牛肉は「かわなべ牛(A4ランク)」のみ。

 ライスには「寝かし玄米」を使用。玄米に小豆を少し加え、吸水が良くなるよう、わざと泡立て器で傷をつけるような洗い方をし、塩を一つまみ加えて圧力釜で調理。保温器で3日ほど寝かせてから使う。この製法で「もちもち感やうま味が増す」という。

 「ちゃぶや謹製カツカレー」(1,400円)には、野菜類だけで作った自家製「疑似肉」のカツを使用。植物由来のフェイクミートは、昨年米国で代替肉テクノロジー企業「ビヨンドミート」がNASDAQ上場を果たすなどで注目を集め世界的に拡大している。「野菜だけで作った疑似肉を食べられるのは、鹿児島では今のところ当店だけ」と白澤さん。

 このほか、テークアウトでのカレー弁当やアラカルトメニューにも対応。注文や決済、受け取りの流れを簡便化するスマホアプリ「PICKS」を導入している。

 営業時間は、11時30分~17時30分。