天気予報

14

7

みん経トピックス

山形屋「ティファニー」移設鹿児島の市場にコーヒー店

鹿児島で「ACC CM フェス」-グランプリ・九州新幹線全線開通「幻のCM」上映も

  • 0
鹿児島で「ACC CM フェス」-グランプリ・九州新幹線全線開通「幻のCM」上映も

日本のCMのグランプリは「幻のCM」

写真を拡大 地図を拡大

 かごしま県民交流センター(鹿児島市山下町)2階中ホールで2月28日、「51st ACC CM FESTIVAL」入賞作品発表会が開催される。全日本CM放送連盟(ACC)と鹿児島CM合同研究会が主催。

 2010年7月~2011年9月までに日本で放送されたCM(テレビ・ラジオ)の中からエントリー制で選考し、応募作2347本の中でから約200本が入賞した。例年は6月までの放送分を受け付けるが、今回は震災の影響を加味し対象期間を延長。昨年12月~今年3月までの期間、全国で入賞作品の発表会が行われている。解説は、アサツーディ・ケイのコピーライターで審査員の三井明子さん。

 「毎年、大手企業の誰もが知っているものや『面白い』CMが入賞するが、今回はローカルからの入賞が目立つ」と、鹿児島CM合同研究会事務局であるシイツウ(下荒田1)の深尾兼好社長。「CMは時代の世相を反映するもの。震災の影響が大きい今回は『絆』や『つながり』が中心になっている」と分析する。「番組を作るよりCMを作る方がお金も時間もかかっていたりする。ネットのインフォメーション映像よりもテレビの方が影響力は強い。テレビが弱くなってきている今、もう一度CMを見直してみてほしい」とも。

 グランプリを受賞したのは、3月11日の震災を受け、わずか3日で放送を自粛することになった「幻のCM」。九州新幹線全線開通を祝福する人々を、鹿児島中央駅~博多駅まで沿線に沿って撮影した180秒の長編CMで、ユーチューブでも話題になった。昨年のカンヌ国際広告賞では金賞、ロンドン国際広告賞では銀賞を受賞している。鹿児島会場では入賞作品約100本のほか、本選に進んだ鹿児島のご当地CM数本(「南国白くま」「黒伊佐錦」)も上映する。

 開催時間は13時30分~16時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

鹿児島で「育児の日フォーラム」 ダイアモンド☆ユカイさんトークショーも かごしまパパサークル「かごんパ!」はメンバーが定期的に集まり、子どもたちと一緒にさまざまなイベントをしている。画像は、パパと子どものお弁当作り体験。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング