見る・遊ぶ

鹿児島に九州最大規模のボルダリングジム-空き倉庫改装、起伏富む壁に

鹿児島・谷山港にボルダリングジム完成。「昭和貨物」の敷地内、倉庫1つを改装した同ジムは九州最大規模の面積を誇る

鹿児島・谷山港にボルダリングジム完成。「昭和貨物」の敷地内、倉庫1つを改装した同ジムは九州最大規模の面積を誇る

  •  
  •  

 鹿児島に9月4日、ボルダリングジム「Kironico BOULDER PARK(キロニコ ボルダーパーク)」(鹿児島市谷山港3、TEL 099-202-0082)がオープンした。場所は「昭和貨物」敷地内の倉庫。

ジムの様子

 「ボルダリング」はロープなどの保用具を使わずに、2~4メートルの岩や壁を自分の体一つで登るフリークライミングの一種。施設は「昭和貨物」が持つ4つの倉庫のうちの一つを借りて改装。広さ120坪で「九州最大規模」のボルダリングジムだ。駐車スペースは21台を設ける。

[広告]

 高さ4メートルを超える人工壁(板張り)は300平方メートルを越え、135度の斜面があったり天井のようにえぐれていたりと、起伏に富んだ形状をしている。立体的な壁面に約1000個のホルダーを取り付け、現在30コースを用意する。

 同ジム代表の福岡彰さんは「10年前(高校時代)に岩登りの講習会に参加したことがきっかけ」で、以来楽しさに魅せられ、ホールドの製造・販売などを経てジム開設に至った。20~40代の若い世代が中心のスポーツだが、小学生の参加も多く「ボルダリングは遊び方やルールが分かれば誰でも楽しめる。手の力を使わず、いかに足の力を使うかが重要」とアドバイスする。手の大きさや体重の関係で、男性よりも意外と女性や子どもの方が登れることもあるという。

 「『ストレス発散になる』という声が多い。会社帰りに寄るのがおすすめ」と福岡さん。「鹿児島は自然の岩場が多く市内からも近いので、ジムで練習して実際に屋外に行くツアーも考えたい。今後はジム内のホルダーを増やしながら取り付け位置も変更して、多彩なコースで利用者を楽しませたい」とも。

 メンバー登録料は1,050円。1日利用は1,890円(大学生=1,470円、高校生=1,050円、中学生以下=840円)で、時間帯によって割り引くほか、回数券やフリーパスも用意する。シューズレンタルは315円(高校生以下=210円)、チョークバックレンタルは210円(同105円)。初めてクライミングする人向けの「ボルダリング体験セット」は1,500円(1時間、講習&レンタル無料)。

 営業時間は15時~23時(土曜・日曜・祝日は12時~21時)。

  • はてなブックマークに追加