食べる 買う

鹿児島黒牛のキャラクター「ギュージンガー・ブラック」、フィギュアプレゼント企画

鹿児島黒牛のキャラクター「ギュージンガー・ブラック」がフィギュアに。

鹿児島黒牛のキャラクター「ギュージンガー・ブラック」がフィギュアに。

  •  

 鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会(JA鹿児島県経済連、ナンチク)が1月23日、鹿児島黒牛の認知度アップのために生まれたキャラクター「ギュージンガー・ブラック」のフィギュアが抽選で当たる企画を始めた。題して、「冬の土用『丑(うし)』の日に『牛』を食べよう!キャンペーン」。

キャンペーンフライヤー

 「土用の丑の日」は四季それぞれに存在し、一般的には夏の土用の丑の日をいうことが多い。この時にうなぎを食べるのは、一説によれば、「土用の丑の日に『う』の付くものを食べると夏負けしない」という風習があるためだが、「『丑の日』なのだから『う』の付くスタミナ食『牛』を食べてもらいたい」(JA鹿児島県経済連)と約3年前から取り組んでいる。「1~2月は牛肉の消費が落ち込む時期でもあり、牛肉の消費を促すことも目的」と肉用牛課の森和幸さん。

[広告]

 フィギュアは現在制作中で、全長は約18センチ。黄金のマントや金ベルトも表現し、「できるだけ実物に近づけている」という。昨年誕生した「ギュージンガー・ブラック」は同年11月以降、県内外のフェアやイベントに出演。今年1月に開催された「鹿児島ニューイヤーコレクション」では鈴木奈々さんとの共演も果たした。「デビュー1年目だが、フェアなどでも180センチを超える肉体に足を止める人も多く好評。これからも鹿児島黒牛のPRに活躍してほしい」と期待を寄せる。

 キャンペーン対象店は、全国のスーパーや飲食店(鹿児島黒牛指定店)約250店舗と、南九州ファミリーマート(鹿児島・宮崎)約300店舗。応募はホームページ、はがきで受け付ける。応募者の中から抽選で800人に進呈。2月28日まで。