見る・遊ぶ 暮らす・働く

ぐりぶー主演「ゆるキャラ」連続ドラマ、放送開始へ-国生さゆりさんも出演

「ぐりぶー物語」ドラマ撮影に、県内各地のゆるキャラが大集結

「ぐりぶー物語」ドラマ撮影に、県内各地のゆるキャラが大集結

  •  
  •  

 鹿児島県のPRキャラクター「ぐりぶー」が主演を務める初の「ゆるキャラ」トレンディー連続ドラマ「かごしまプロモーション課長 ぐりぶー物語」の放送が年明け1月5日、始まる。

「ぐりぶー」と国生さゆりさん

 「薩摩剣士隼人」を手がける「ボッケモンプロ」(鹿児島市)のスタッフが制作し、同番組の監督を務める外山雄大さんがメガホンを取る。一丸となって鹿児島の地域活性を図ろうと、県内各地で活躍するゆるキャラ40体近くが総出演するという初の試みになっている。

[広告]

 ドラマのあらすじは、誠実だが不器用なサラリーマンとして働く「ぐりぶー」と、その幼なじみの「さくら」とのラブストーリー。県内のゆるキャラたちが地域活性化に向けて奮闘する様子も描く。夏に行われた「全国ご当地キャラ選挙」で全国4位に輝くなどした伊佐市の「イーサキング」が「ぐりぶー」の恋敵として登場するほか、鹿屋市出身の国生さゆりさんも友情出演している。

 昨年12月、「花かごしま2011(全国都市緑化フェア)」のマスコットキャラクターから県観光課のプロモーション課長にスピード出世し、この1年間は県内外における積極的な県の広報・啓発活動にいそしんできた「ぐりぶー」。イベント出演をはじめ、多数のポスターや商品などのキャラクターとして起用されたほか、メディア出演も目立った。

 中でも、10月に東京で開催された「お台場合衆国ゆるキャラダンス選手権」では、「ぐりぶーダンス」で審査員特別賞を受賞し、フジテレビの安藤優子キャスターから気に入られたという。11月に投票結果が発表された「ゆるキャラグランプリ2013」では約1600体中164位と、健闘した。

 今回のドラマ出演のほか、11月29日に肥薩おれんじ鉄道で「ぐりぶー」と「さくら」のラッピング列車が運行を始めたほか、来春には鹿児島アリーナ(鹿児島市永吉1)で2体の結婚披露宴が予定されるなど、今後も「ぐりぶー」にまつわる話題は事欠かない。「皆と手を取り合って、一緒にがんばるぶ~。応援よろしくぶ~」と「ぐりぶー」。

 ドラマ放送は2014年1月5日、南日本放送でスタート。毎週日曜6時40分~45分。ユーチューブを利用したネット配信も同時展開予定。

  • はてなブックマークに追加