見る・遊ぶ 買う

遠藤選手W杯着用モデルの新スパイク、地元・鹿児島で19足限定入荷

3月9日の発表会で、アンブロの新スパイク「アクセレイターESE」を手にする遠藤選手(写真提供:ゲキサカ)

3月9日の発表会で、アンブロの新スパイク「アクセレイターESE」を手にする遠藤選手(写真提供:ゲキサカ)

  •  
  •  

 日本代表やガンバ大阪で活躍する遠藤保仁選手が、5月以降の日本代表戦で着用するアンブロの新スパイク「アクセレイターESE(遠藤スペシャルエディション)」のモデルを発表し、県内でもデザイン連動モデルが限定数量で入荷することが分かった。販売元はデサント(大阪府大阪市)。

アンブロ「アクセレイターESE」

 背番号「7」にちなみ、全国で限定777足、シリアルナンバー入りで5月中旬からサッカー専門店を中心に販売される同モデル。県内のショップにおける入荷数はわずか19足(鹿児島経済新聞調べ)。各店舗で争奪戦になることが予想される。

[広告]

 3月9日に発表された同モデルは、遠藤選手が使っている「アクセレイタープロ」をベースに、デザインや機能面において、遠藤選手のさまざまな要望を取り入れて完成したという。ブルーを基調に、遠藤選手の地元「桜島」に差す夕日をイメージしたというオレンジがアクセント。かかと部分には、桜島の「夕日」「空」「山」「海」をイメージした4色のカラーリングを施した。日の丸と背番号の「7」、愛称の「yatto(ヤット)」の文字も。

 取扱店舗は、中央スポーツ(鹿児島市山之口町、TEL 099-223-9811)で2足。4月12日より電話、店頭で予約受付。スーパースポーツゼビオオプシア鹿児島店(宇宿2、TEL 099-812-7177)で10足。17日より電話、店頭で予約受付。ヒマラヤスポーツ霧島隼人店(霧島市隼人町、TEL 0995-64-2080)で4足、寿スポーツ(鹿屋市札元、TEL 0994-44-2123)で3足。ともに店頭販売のみ(入荷日は未定)。

 チェーン全店で同モデルを取り扱う権利を得た3店舗のうちの1店舗に選ばれた、ヒマラヤスポーツの呉本良太さんは「遠藤選手のモデルのスパイクは、これまでも非常に人気が高かった。やっぱり地元ではとても影響力のある選手」と話した。

 サイズは25.0センチメートル~28.0センチメートル。価格は2万1,000円(税抜き)。問い合わせは各店舗まで。

※初掲時の記載に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

  • はてなブックマークに追加