見る・遊ぶ 暮らす・働く

薩摩剣士隼人、GWにSOS-宇宙を巻き込む初の自主興行ショー

5月11日、鹿児島のご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人」初の自主興行イベント「薩摩剣士隼人スペシャル音楽ショー」が宝山ホールで行われる。

5月11日、鹿児島のご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人」初の自主興行イベント「薩摩剣士隼人スペシャル音楽ショー」が宝山ホールで行われる。

  •  

 ゴールデンウィーク最終日の5月11日、鹿児島のご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人(以下、隼人)」初の自主興行イベント「薩摩剣士隼人スペシャル音楽show~鹿児島と宇宙がタイヘンだ!~」が宝山ホール(鹿児島市山下町)で行われる。

「第2部 黒潮激闘編」から登場の新ボッケモンも…

 今月6日に放送がスタートしたテレビドラマ「第2部 黒潮激闘編」で新しく登場するキャラも含め、過去最多数のボッケモン(精霊)たちが出演するという同作。普段のショーでは見られないような共演や演出を盛り込む。スモークや派手な照明、舞台セットなどが「ハラハラドキドキ」感を演出し、普段はライバル同士のキャラたちが力を合わせるような場面や、ボッケモンの秘密が語られる場面も。

[広告]

 テレビドラマの主題歌や挿入歌を担当する「roddy(ロディ)」や「BLACK BABE(ブラックベイブ)」も出演するほか、隼人やボッケモンたちによる歌合戦などもあり、大人も子どもも楽しめる「ショーと音楽が融合した新感覚のヒーローショー」になっているという。

 薩摩犬つんつんと吉野狐コンコンのMCでスタート。いつものようにくぐり狐衆を引き連れた幻魔神狐ヤッセンボーが悪さをしているところに、隼人がさっそうと駆け付けて会場のピンチを救うが、宇宙からの侵略者が現れ隼人やボッケモンたちとの戦いが繰り広げられるという内容。

 「鹿児島の魅力を、歴史をひもときながら楽しく紹介するような作品が作れれば」と話す脚本の原田英樹さん。鹿児島の文化や方言、観光地、特産品などをモチーフにする隼人の作品は、「ただ楽しんでいるうちに、自然と頭に入ってくる」ことから、現在では子ども向けの教材にも活用されるほど。「気付けば気付くほど面白い」と、大人もはまってしまうという。

 開演時間は、1部=14時~、2部=18時~。チケットは、S席(指定席)=5,000円、A席=3,000円、B席=2,000円。「ボッケモンランド タカプラ店」(千日町)ほか、各種プレイガイドなどで取り扱う。予約・問い合わせはツーウェイズ(TEL 099-206-2222)まで。