暮らす・働く

鹿児島で「明後日朝顔会議」-日比野克彦さん・岡田武史さんのトークも

「明後日朝顔会議2011×ヒビノカップin鹿児島」のポスター

「明後日朝顔会議2011×ヒビノカップin鹿児島」のポスター

  • 0

  •  

 鹿児島・天文館を中心に5月21日・22日、イベント「明後日朝顔会議2011×ヒビノカップin鹿児島」が開催される。主催はNPO法人かごしまGIFT。

 アート、スポーツ、エコなどをテーマに、人と地域のコミュニケーションについて考える同イベント。ゲストに芸術家の日比野克彦さん、元サッカー日本代表監督の岡田武史さんを迎える。これまでは茨城県水戸市で開催されてきたが、今年は九州新幹線全線開業を機に初の鹿児島開催となった。

[広告]

 日比野さんは、「朝顔の育成を通じて生まれる人、地域のコミュニケーションを社会的な芸術と捉え、その機能性・多様性を検証すること」を趣旨とした「明後日朝顔プロジェクト」を2003年から始め、今年は鹿児島を含む全国23地域で実施されている。

 鹿児島では、同NPO代表の宮園寛さんが2009年の皆既日食に合わせた独自のアートイベントを企画し、日比野さんに「明後日朝顔プロジェクト」とのコラボレーションを持ち掛けたことをきっかけにスタート。朝顔の種が2007年、天孫降臨の霧島の地を出発し、2008年の鹿児島市を経て、2009年に種子島で皆既日食を迎える、というストーリーを演出したイベントを開催した。その後も、毎年、同プロジェクトに参加している。

 同プロジェクトに関わっていくことで、「コミュニティーとコミュニティーをつなぐ『コミュニティーエイド』という役割を担っていきたい」と宮園さん。「アートもサッカーなどのスポーツも文化。例えば、サッカーに興味がある人がアートにも興味をもつなど文化の裾が広がれば」と期待を寄せる。

 イベントでは、「明後日朝顔会議2011in鹿児島」、「HIBINOカップ2011in鹿児島」「フリートークショー」などのプログラムを予定。「明後日朝顔会議」では、全国23地域で同プロジェクトに取り組む人々が集まり、各地のプロジェクトを紹介する。「HIBINOカップ」は、アートとスポーツが融合した国際サッカー連盟(FIFA)公認のサッカー大会。「フリートークショー」では日比野さんと岡田さんが「アートとスポーツと人と地域」をテーマに語り合う。

 「明後日朝顔会議」はマルヤガーデンズ(鹿児島市呉服町)で21日10時~20時開催。「HIBINOカップ」は鹿児島市中央公園(照国町)で22日10時から開催(雨天時は天文館ベルク広場)。一般申し込み受付はすでに終了しているが、14時30分からのエキシビションマッチは観戦可能(無料)。フリートークショーは天文館ベルク広場で22日15時30分~17時に開催。同日11時からベルク広場で整理券100枚を配布する。

  • はてなブックマークに追加