天気予報

34

26

みん経トピックス

天文館にもメロンパンアイス天文館にレンタルスペース

天文館に「伊佐牧場」直営カフェ コメ育ちの生乳売りに

天文館に「伊佐牧場」直営カフェ コメ育ちの生乳売りに

メニューの一例

写真を拡大 地図を拡大

 天文館・にぎわい通りに3月18日、カフェ「cafe 369 milk&cheese by 伊佐牧場(カフェサンロクキュー)」(鹿児島市東千石町、TEL 099-295-3691)がオープンした。

店舗外観

 食肉卸のカミチクグループが運営する伊佐牧場のアンテナショップとしてオープンした同店。店舗面積は約20坪。席数は、カウンター席8席、テーブル席12席。

 こだわりの木材を使った外壁、長崎県波佐見町の陶磁器ブランド「ASAMI」の食器、木工職人が1つずつ手作りしたカッティングボードなど、「時間がたてばたつほど味わいが増してくるような空間を目指した」と店長の萩原新太さん。20~30代の女性をメーンに、仕事の合間や女子会などでの利用を見込む。

 「鹿児島の北海道」と呼ばれる伊佐で、コメを食べて育ったという牛のミルクとチーズは、「あっさりしていて優しい味」が特長。メニューは、主力商品のチーズ「カチョカヴァッロ」(1,200円)をはじめ、焼きチーズの「もちとろ焼きカヴァッロ」(バケット=680円、温野菜=880円)、伊佐牧場ミルク(ホット、アイス=250円)など。

 このほか、「サクとろチーズサンド」(480円)、ライスコロッケ「ナポリ名物アランチーニ」(150円)、「伊佐牧場プレミアムソフトクリーム」(350円)はテークアウトにも対応する。

 ホエイ(乳清)を使ったメニューも取りそろえる。「369のきまぐれホエイスープ」(600円)、スムージーなどのドリンク、クッキー、ドーナツ、シフォンケーキ、プリンなどのスイーツ、オーガニックのコーヒーやワインもそろえる。

 萩原店長は「伊佐牧場を身近に気軽に楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング