買う

天文館に古着・インポートアイテムの店 1号店好調につき天文館進出へ

店内の様子

店内の様子

  •  

 天文館本通りに2月27日、古着やインポートアイテムを取り扱う店「GRAPEFRUIT MOON(グレープフルーツ ムーン)鹿児島天文館店」(鹿児島市東千石町、TEL 050-3821-7538)がオープンした。

店舗外観

 東京、大阪、福岡、大分などに11店舗を構える同店。県内ではアミュプラザ鹿児島の「SHIBUYA109 KAGOSHIMA」に入る店に続く2店舗目で、1号店の好調につき、天文館への出店を果たしたという。

[広告]

 店舗面積は約56平方メートル。店内には、「古き良きヴィンテージ、1960年~80年代のユーズドアイテムや、今旬のインポートアイテム」(同店)などさまざまテイストの洋服が所狭しと並ぶ。メンズ・レディース合わせて取扱アイテム数は約4000点にも上り、一点物も多いという。価格帯は3,000円~4,000円を中心に、1,500円~2万円程度。アメリカやヨーロッパから直輸入するアクセサリー類も充実。1,000円~1万円でそろえる。

 人通りの多いアーケードに位置することから、客層は10代~60代と幅広いという。同店店長の木戸口徹さんは「古着が初めての人も、普段のコーディネートに古着アイテムをミックスするなどして楽しんでいただきたい」と話す。「鹿児島の人に古着の良さを知ってもらい、もっと広めていければ」とも。

 営業時間は10時~21時。