暮らす・働く

鹿児島市の美容室でヘアドネーション100人突破 髪失った子たちに医療用ウィッグを

ヘアドネーション100人を達成した感謝を込めて

ヘアドネーション100人を達成した感謝を込めて

  • 84

  •  

 鹿児島市でヘアドネーション(髪の寄付)に賛同している美容室「eiche(エイチェ)」(鹿児島市高麗町、TEL 099-204-9979)のヘアドネーション協力者が8月、100人を突破した。

さりげなく飾られた小物が調和する店内

 ヘアドネーションとは病気やけがなどで髪の毛を失った子どもたちに、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供するボランティア活動。市販の大人用ウィッグではサイズが合わず、オーダーウィッグは価格が高いという理由から、主に小児用医療かつらが制作されている。

[広告]

 以前勤めていたサロンの来店客から聞き、初めてヘアドネーションのことを知ったという代表の奥英貴さん。2015年に同店をオープンした後、客からの要望を機にヘアドネーション活動への協力を開始。髪を提供してくれる方は5歳から60代までと幅広く、8月は夏休み期間ということもあり、小学生も協力してくれるという。

 「ドネーションサロン登録をした当時はほんの数店舗で、ヘアドネーションの言葉自体全く聞かなかった。最近では1日に3人寄付に来る日もあり、徐々に鹿児島でも認知されているのを感じる」と話す奥英貴さん。現在鹿児島県内のヘアドネーション賛同サロンは29店舗を数える。

 1人分のウィッグには20~30人分の髪の毛を要するが、原料としての条件は31センチ以上の健康な髪の毛で、パーマ、カラー、ブリーチをしていても引っ張って切れるほどのダメージがなければ対象となるという。髪の毛の発送作業は同店が受け持つ。

 通常のサービスはカット(シャンプー、ブロー込み)が4,320円、学生カット(シャンプー、ブロー込み)は2,160円~3,240円。

 営業時間は、平日=10時~19時、土曜・日曜・祝日=10時~18時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加