天気予報

10

1

みん経トピックス

鹿児島の高校生が写真で入選天文館に保育園 食育に注力

鹿児島市交通局が「すべらない砂」配布 新型電車「ユートラムIII」版も

鹿児島市交通局が「すべらない砂」配布 新型電車「ユートラムIII」版も

すべらない砂

写真を拡大 地図を拡大

 鹿児島市交通局が12月1日、数量限定で「すべらない砂」の配布を始めた。

10月に発売した「電車型目覚まし時計」

 「すべらない砂」とは、落ち葉などによる車輪の空転を防ぐため、滑り止めとしてレールと車輪の間にまいているもの。同局担当者によると、「日置市にある山から採取した、水を吸いにくい砂を使っている」という。

 同品は、少量の砂を、「合格祈願 すべらない砂」と書かれた写真と共にラミネート加工したカード型のお守り。「受験や入試にすべらないように」と2011年1月から毎年配布しており、今年は600個を用意しているという。

 写真は高校・大学名が入った市営バスと市電の停留所名版、観光レトロ電車「かごでん」版、今年3月に運行を始めた新型電車「ユートラムIII」版の3種類をそろえ、好きなデザインを選ぶことができる(先着順)。

 配布は、タオル(500円)や、10月に発売した電車型目覚まし時計(1,000円)などの交通局オリジナルグッズ、ICカードにチャージできる商品券の「ラピトレカ」の購入客が対象で、グッズ1点につき1枚。交通局内や鹿児島市役所前(鹿児島市名山町)など市内5カ所の乗車券発売所で扱っている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

天文館に保育園 地域交流スペース・総菜店併設し食育にも注力  霧島市にある姉妹園「ひより保育園」では、給食に使う味噌を園児たちが毎月手作りしており、新しく開園する「そらのまちほいくえん」でも同様に味噌づくりなどを行うという。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング