食べる

鹿児島上之園町にナポリタンと馬肉料理扱うイタリア料理店 希少部位も

馬刺し5種盛り

馬刺し5種盛り

  •  

 鹿児島中央駅近くにナポリタンと馬肉料理を提供するイタリアン店「RU.ルゥ」(TEL 099-204-0919)がオープンして1カ月が過ぎた。

こだわりのナポリタン

 5月3日にオープンした同店。ランチメニューは「ナポリタン」(レギュラーサイズ・580円)と、オーナー吉田真琴さんの出身地である熊本の馬肉を使った「うまうま(旨馬)カレー」(同750円)の2品のみ。少し辛みのあるナポリタンは塩を入れずに麺をゆで、ケチャップで炒める時もゆで汁を足さずに作る「昔ながらのスタイル」にこだわりを持つ。うまうまカレーはタマネギと馬肉のみを使い、5時間煮込んで作るという。

[広告]

 ディナーは馬肉を使ったメニューが中心。「馬刺し5種盛り」(1,000円)や馬の肺を使った「あかふくクリームパスタ」(900円)など、その日の仕入れで希少部位も食べられる。

 吉田さんは「平日と土日のディナーはシェフが変わり、固定メニューとは別に各シェフこだわりの料理が食べられるのが面白い」と話す。平日担当の西山孝幸シェフはマルヤガーデンズ(鹿児島市呉服町)で料理教室の講師やケータリングも行っている。塩こしょうのシンプルな味付けにこだわり、食材のうま味を引き出す料理を提供する。土日担当、平田真一シェフは「下荒田デリカテッセン」(鹿児島市下荒田)のオーナーで、自家栽培された新鮮な野菜を提供していることから、野菜にこだわる。

 「年齢も性格も違う3人が集まるからこそ面白いお店が作れる」と話す吉田さん。「熊本から仕入れている新鮮な馬肉と、毎週シェフたちが作る料理を楽しんでほしい」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=18時~24時。