暮らす・働く

鹿児島の老舗「濵田酒造」、県知事を表敬訪問 国際コンペでの受賞を報告

三反園訓知事(左)と濵田雄一郎社長(右)

三反園訓知事(左)と濵田雄一郎社長(右)

  •  
  •  

 鹿児島の濵田酒造(いちき串木野市)の2種類の焼酎が「国際コンペティション Shochu(ショウチュウ)部門」で部門最高賞を受賞したことを受け、9月24日、三反園訓鹿児島県知事を表敬訪問し、濵田雄一郎社長が報告を行った。

濵田雄一郎社長

 「隠し蔵」は「ロサンゼルス・インターナショナル・スピリッツ・コンペティション2019」のショウチュウ部門で部門最高賞の「Best Of Shochu(ベストオブショウチュウ)」を受賞。「だいやめ~DAIYAME~」は「インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2019」のショウチュウ部門で部門最高賞の「Shochu trophy(ショウチュウ トロフィー)」を受賞した。

[広告]

 報告を受け三反園知事は「鹿児島から世界3大酒類コンテストで受賞したことを大変うれしく思っていて素晴らしいことだと思う。鹿児島から世界へ認められる焼酎を作ってアピールできることもある。世界の人に飲んでもらえるよう、我々も繁栄、拡大含めて努力していきたい」と話す。

 表敬訪問を終え、濵田社長は「本格焼酎は日本全国どこでも飲めるようになったが、本格焼酎とは何かがまだ伝わっていない。もっとアピールしていく必要がある。世界の人に『日本で造る酒は大したものだな、この酒には一体どのような背景があるのだろう』と注目してもらい、それに対して我々が積極的に関わっていくため、世界最大の教育機関WSETとタイアップしたり、いろいろなコンペティションに出品し結果を情報発信したりすることで消費者に評価を高めてもらいたい」と抱負を語った。

  • はてなブックマークに追加