3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

鹿児島・特産品協会がECサイト刷新 「かごいろ」で多彩さアピール

「かごしま特産品ねっと かごいろ」のトップ画像

「かごしま特産品ねっと かごいろ」のトップ画像

  •  
  •  

 鹿児島県特産品協会のECサイト「かごしま特産品ねっと かごいろ」が6月1日、リニューアルオープンした。

甑島の恵み詰め合わせ

 コロナ禍で、「県内外での物産展やイベント等が中止になり、販売機会が失われている。オンラインで鹿児島の逸品に出会う場としてコンテンツを一新し、販路拡大を図ろうと大幅なリニューアルに至った」と話す事業部長の遠矢喬志さん。

[広告]

 サイト名も新たに「かごいろ」と名付けた。「鹿児島は南北600キロに及ぶ広い県土と多彩な風土を持つ。そこから生まれた特産品も個性豊か。十人十色というように、その人の色に合わせた品を見つけてほしい」という思いがある。

 地元デザイナーの手で「かごいろ」のロゴも新しくデザインした。メインページには、「お菓子」「さつまあげ」「水産加工品・鮮魚」「畜産加工品・精肉」「農産加工品・お茶」など10のカテゴリーを設置。それぞれのカテゴリー画像には、今回のために地元のカメラマンが撮り下ろした写真を使っている。「デザイン性を高め、より見やすく使いやすいサイトになっている」と遠矢さん。

 店舗数や出品数も増やし、6月1日時点では68品目(41社)だが、6月中に合計200品目の掲載を予定している。併せて、今回のリニューアルに連動したプレゼント企画も展開。第1回は6月1日から、第2・3回は7月1日からで、購入金額に応じてクーポン(先着)や特産品(抽選)を進呈する。

 遠矢さんは「外に出づらい時期がまだ続くと思うが、このサイトで鹿児島を感じてもらい、お取り寄せで味わってもらい、コロナ収束後には鹿児島に来ていただくきっかけとなれば」と期待を込める。