3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

鹿児島・名山町の「森かぞストア」が刷新 直営農園からの有機野菜を販売

直営農園からの有機野菜

直営農園からの有機野菜

  •  
  •  

 鹿児島・名山町レトロフト千歳ビルの有機野菜販売店「森かぞストア」(鹿児島市名山町)が、同ビル1階の路面スペースに移転オープンして2カ月がたった。

「森かぞストア」店内の様子

 同店では、直営の農園で栽培された有機野菜を販売。農園は鹿児島市と湧水町の2カ所にあり、どちらも農薬や化学肥料の代わりに枯れ葉や落ち葉を発酵させた堆肥を用いてオーガニック野菜を育てている。

[広告]

 野菜は同店隣の系列レストラン「名山食堂 森のかぞく」の料理にも使っており、「森かぞストア」では「森のかぞく」で使われる野菜を買うことができる。園山リラ店長は「レストランと連携することで、野菜のおいしさや有機農業をより知ってもらえ、オーガニックを身近に感じてもらえるのでは」と話す。

 移転前の「森かぞストア」はレトロフト千歳ビルの地下にあったが、同ビル1階にリニューアルオープンしたことで「ベビーカーを連れた方や足の悪い方も行きやすくなった」。大きなガラス窓越しに外から商品を見られるようになったため、店の前のバス停でバスを待つ客や徒歩の通勤客が店内に入って商品を手に取ることも増えたという。

 店内には、鹿児島の郷土菓子「ふくれ菓子」の全国通販を行う「FUKU+RE」のお菓子を並べたコーナーもあり、小袋サイズから購入することができる。店の奥には、古書店やデザイン事務所、ギャラリースペースなどが同じ空間を共有しており、名山町らしいレトロで印象的な雰囲気を出している。

 園山店長は「店内は、前よりも寄りやすく、過ごしやすくなったので気軽にお越しください」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~16時。