3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

鹿児島大学近くに「むんCAFE」 タコライスのテークアウトも

むんランチ

むんランチ

  • 2

  •  

 鹿児島大学郡元キャンパス近くに「むんCAFE」(鹿児島市荒田2)がオープンして2カ月半がたった。

店内の様子

 4月24日にオープンした同店。店主の下村さんは「知人のテナントオーナーから前テナントの閉店に伴い出店の話をもらったことがきっかけだった」と振り返る。カフェ開業に向けて、下村さんの友人や調理の総指揮を担う店長をスタッフに迎え入れ、メニュー作りや内壁の塗装などに取り組んだ。

[広告]

 店名の「むんCAFE」は、下村さんのニックネーム「しもむん」に由来している。同店のマスコットキャラクターである熊も、下村さんの風貌が熊を思わせることからスタッフが提案し、下村さん自身が描いたもの。看板をはじめエプロンやメニュー、テークアウトのラッピングなどに使われている。

 店舗面積は約10坪で、カウンター3席、テーブル数6卓15席。天井からは電球色のペンダントライトが複数つり下げられ、店内には木のテーブルや椅子が並ぶ。

 看板メニューは「むんランチ」(930円)で、ワンプレートの7種盛り。ライスは十八穀米を使っている。「彩りにこだわっており、目でも楽しめる。女性客をはじめ多くの方に喜んでもらっている」と下村さん。このほかにも、「パスタランチ」「ごはんランチ」(以上830円)があり、全て週替わり。2種類の「ホットサンドランチ」(750円)もある。全てスープ、ドリンクが付く。

 デザートは「紅茶のシフォンケーキ」(350円)がお薦めで、紅茶の香りが良い。ほかには、「ガトーショコラ」「クリームブリュレ」「アフォガード」(以上350円)があり、全てランチとセット(300円)にできる。

 LINE(mun.cafe)経由でテークアウトの予約もできる。弁当は「タコライス」(600円)が人気。カレー味のひき肉とミックスチーズ、レタスや角切りトマトをライスにのせたもので、「暑い季節や食欲のないときにもお薦め」。このほか、「日替わり」「ハンバーグ」(以上600円)、「おにぎりBOX」(300円)がある。

 土曜は夜も営業しており、お酒も用意する。夜限定メニューは、単品の「生春巻」「エビマヨ」(以上600円)、「アヒージョ」(650円)などがある。セットは「mセット(8種プレート)」「nセット(週替わりのパスタとサラダ)」(以上1,500円)があり、いずれもスープ、デザート、ドリンクが付く。

 店内にはハンドメードコーナーもあり、手作りのアクセサリーを販売している。作家や商品内容は半月ごとに入れ替わり、「女性客から『カフェに来る度の楽しみになっている』という声もある」と下村さん。

 「明るく、元気がモットー。親しみやすくリーズナブルなメニューで老若男女問わずにリピーターも多い。ぜひ足を運んでもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~17時(土曜は22時30分まで)。日曜・祝日定休。