食べる

鹿児島・加治屋町のワインショップ&レストラン「レシフェ&テレザ」が刷新

店舗外観

店舗外観

  • 6

  •  

 鹿児島・高見橋交差点近くのワインショップ&レストラン「recife & TEREZA(レシフェ アンド テレザ)」(鹿児島市加治屋町)が2階のアパレルフロアをレストランにリニューアルして2カ月がたった。

「recife&TEREZA」の2階

 「1年前から現地に出向いて生産者に会い、直接ワインを仕入れることになったのがきっかけ」と店長の弥栄(みえ)香織さん。「より多くのお客さまにワインを楽しんでもらえるように」いう思いから女性向けセレクトショップだった2階をレストランに変更。6月26日にオープンした。

[広告]

 2階のテーブル数は5卓30席。1階から3階と屋上ルーフガーデンもレストランフロアで、ほかのフロアでの貸し切りは20人からだが、2階は少人数からでも貸し切りにできるという。「自分たちだけの時間がゆっくり味わえると喜んでもらっている」と弥栄さん。「お客さまにゆっくりしてもらえるよう、余計なものは置かずにできるだけシンプルなフロアにした」とも。

 地下のワインショップではポルトガルワインの200種類以上を中心にスペイン、フランスなどの白・赤から、スパークリング、ポートワインまでそろえる。「ワインショップで購入したワインはレストランで飲むこともできる」。

 世界を周遊したというイギリス人シェフが作る料理は、「旬の魚のメイン」をはじめ、肉料理、パスタ、リゾット、パエリヤなど。「お薦め」はユズを餌に飼育した豚を使った「大隅ゆず豚のハーブソテー」(1,500円)や、スパニッシュオムレツ、生ハム、オリーブなどがのった「ミックスプレート」、スペインの山岳地帯のハモンセラーノなどがのった「スペシャリティチーズ&ハモンセラーノプレート」(以上1,500円)などがある。

 「飲み放題付きコース」(3,500円~)もあり、「お薦め」は「マッシュルームクリームのリゾットなどレシェフのお薦めコース7品」(3,500円)で、オーナー自らが仕入れる日置市産の野菜やハーブをふんだんに使った「ハーブソテーチキン」「豚肉と野菜のバルサミコソテー」などの欧風家庭料理などが含まれる。料理6品に合わせたワインがグラス6杯付く「ワインとお料理のペアリングコース」(5,000円)もある。

 弥栄さんは「いろいろな雰囲気のフロアがあるので、お好きなフロアでワインと料理をゆっくり味わってもらえれば」と話す。

 営業時間は14時~24時。火曜・水曜定休。コース料理と貸し切りは前日までの要予約制。