食べる

鹿児島の塩ラーメン店「サカノウエ ユニーク」が5周年 県民投票で1位にも

「最上のQ」

「最上のQ」

  • 16

  •  

 鹿児島・坂之上中央交差点近くの塩ラーメン店「Sakanoue Unique(サカノウエ ユニーク)」(鹿児島市坂之上4)が10月15日で5周年を迎えた。

 「あっさり系」の塩ラーメンをメインに「中華そば」「まぜそば」を提供する同店。「鹿児島ラーメン王決定戦」でも毎年上位に入る人気店で、今年の同戦「県民大投票」では看板メニューの「いいとこ鶏(どり)」(850円)が1位になった。

[広告]

 「いいとこ鶏」のスープは、鹿児島産の鶏ガラスープに、金七商店(枕崎市桜木町)が作る「クラシック節」のだしをブレンドしたもの。クラシック節とは、かつお節を熟成させるカビ菌にモーツァルトの曲を聴かせ、「カビがかつお節に与える効果の活性化」を願いながら作られている。トッピングには「大判の炙(あぶ)りチャーシュー」「れんこんチップス」「水菜」「ネギ」「もやし」「クラシック節」などが付く。

 「お薦め」は、今年の「鹿児島ラーメン王決定戦」(コロナ禍のため中止)の本戦用に作られた「最上のQ(キュー)」(1,000円)で、年内限定の提供。自家製ユズペーストに蜂蜜を追加し「塩ラーメンのうま味を最大限に引き立てている」と吉井さん。トッピングには「大判の炙りチャーシュー」「桜島鶏の鶏団子」「とり天」「ワンタン」「クラシック節」などが付く。ほか、「中華そば」(780円)、「酸辣湯麺」(900円)、「タイそば」(950円)などもラインアップする。

 麺は全て、昨年9月に稼働を始めた同店近くの製麺所「The Store(ザ・ストア)」で吉井さんとスタッフが製麺したもの。「太くすることで、こしが強く伸びにくい麺になった」とも。

 店名には「地元でもある坂之上で、他ではやっていないことをやりたい」という思いを込めた。吉井さんが音楽好きなことから、桜島の溶岩グラウンドで開催されるロック・フェスティバル「ザ・グレート・サツマニアン・ヘスティバル」や、国内外のミュージシャンが出演する都市型ロック・フェスティバル「サマーソニック」の千葉・幕張メッセ会場などにも出店した。「これからもさまざまな音楽イベントに出店して、自分も楽しめるスタイルを大事にしたい」と話す。

 2018(平成30)年の「第4回鹿児島ラーメン王決定戦」で初出場ながら3位に入賞したことがきっかけでファミリーマートとの「コラボ企画」にも携わってきた。季節に応じて「冷やしまぜそば」や「ユニークご飯」「酸辣湯(サンラータン)麺」「中華そば」などの商品を毎年、鹿児島・宮崎限定で発売している。「毎回、ファミリーマートさんと互いに試作を重ね、多くの層の方の口に合うように商品化している。今後も引き続き発売していく予定」とも。

 「今年はコロナ禍で周年祭イベントなどはできないが、支えてくださるお客さまには感謝している。これからも、ほかではやっていないことを企画していきたい。コロナ禍が落ち着いてきたら、またライブなどのイベントも行う予定なので楽しみにしていてほしい」と意気込みを見せる。11月には春山町に2号店を出店するという。

 営業時間は11時~15時、18時~21時。11月から火曜定休(10月中は無休)。駐車場10台。