食べる

鹿児島・西谷山に鶏そば専門店「GET54」 赤鶏さつまの無添加白湯スープで

THE鶏そば

THE鶏そば

  • 3

  •  

 鹿児島・西谷山に鶏そば専門店「GET54 とまらないラーメン愛」(鹿児島市西谷山)が移転オープンして3カ月がたった。

鶏そば専門店「GET54」の外観

 6月20日に移転オープンした同店。以前は鹿児島・荒田に約4年、店を構えていた。「お客さまの数が増え、カウンターのみだった店内が手狭になり広い店に移りたかった」と店主の上薗光洋さん。希望の広さの物件が見つかると、内装全てを解体し、厨房や配管、空調などを新しく入れたという。

[広告]

 店舗面積は約30坪、カウンター16席、テーブル3卓・12席だが、現在は新型コロナ対策として席数を減らして営業している。「改装により天井を高くした店内は開放感がある。お客さまに快適にお待ちいただけるよう、中待合席とは別に外にも屋根を設置し、雨や日差しをしのげるスペースも設けた」とも。

 店のコンセプトは「赤鶏さつまと水のみを使った化学調味料無添加の鶏白湯(ぱいたん)スープ」。赤鶏さつまは出水(いずみ)産にこだわり、独自の製法でスープにうま味を引き出している。「コラーゲンが多いので女性客にも好評」。全種類共スープは、ブレンダーで泡立てて乳化させている。

 看板メニューは「THE鶏そば」(850円)で、白い器に盛られた白い同スープに、北海道産の全粒粉を使った中細ストレート麺、塩だけで低温調理した桜島鶏の白い薄切りが入り、京都産の九条ネギを添える。卓上の白トリュフオイルを途中で入れるのが「お薦め」だという。

 そのほか、「スープを泡立てているので辛さがマイルドな仕上がり」という「担TAN鶏そば」(900円)や、桜島鶏をしょうゆベースで味付けした「唐揚げ」(2個=180円、4個=350円)なども用意する。

 「お客さまの要望を取り入れて考案する『限定ラーメン』も不定期に提供している」と上薗さん。「そこで好評だった『レモンバター』も近々トッピングに加える」とも。「近いうちに夜の営業も再開を予定している。化学調味料無添加、泡系スープ、鶏白湯のそろったラーメンが食べられるのは鹿児島ではここだけ。ぜひ一度味わいに来てもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~14時30分。月曜定休。駐車場4台。