食べる

鹿児島・中山町にうなぎ料理店 日本料理経験20年の店主が開く

「うなぎ四季彩 藤井」の鰻丼

「うなぎ四季彩 藤井」の鰻丼

  • 83

  •  

 鹿児島・中山町にうなぎ料理店「うなぎ四季彩 藤井」(鹿児島市中山町)がオープンして2カ月がたった。

「うなぎ四季彩 藤井」の白焼き

[広告]

 20年の日本料理経験を持つ藤井幹久さんが「鹿児島に日本料理とうなぎ料理を出す店を作ろう」と3月22日、開業した。テーブル4席、カウンター6席などで28人を収容できる。

 メニューは「ひつまぶし」(2,000円~)、「鰻(うな)重」「鰻丼」(以上1,800円~)などのうなぎ料理のほか、白焼き(2,300円)、かば焼き(1,700円~)、「う巻」(500円)、「鰻茶わん蒸し」(600円)などの一品料理も用意する。テークアウトにも対応し、メニューは「鰻弁当」(1,800円~)やひつまぶし、かば焼きなど。予約のみだが、刺し身などの日本料理も加えた宴会料理にも対応する。

 店では、ひつまぶしは「そのまま食べる」「薬味を入れて食べる」「だしを掛けてお茶漬けにして食べる」の3段階の食べ方を勧めている。ウナギはカルキを含んだ水道水では生きられないため、「店裏の井戸から引いた地下水で生かし、その日の分を毎朝さばいている」と藤井さん。米は鹿児島県産の2種類をブレンドし、「粘りの強すぎない、ちょうどいい米にしている」とも。

 藤井さんは「一度蒸して柔らかく仕上げる関東風か、生のウナギを直火で焼いてパリッとさせる関西風か、焼き方を選ぶことができる。器は有田焼や備前焼などの食器を使っており目でも楽しめる。ぜひ一度、お試しいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~15時、17時~21時30分。駐車場は10台。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース