食べる 買う

鹿児島・山形屋、「ホワイトデーでもらいたいギフト・ランキング」発表

山形屋1号館地階の中央催場「ホワイトデーフェア」には多くのホワイトデー商品を用意。

山形屋1号館地階の中央催場「ホワイトデーフェア」には多くのホワイトデー商品を用意。

  •  

 鹿児島の百貨店「山形屋」(鹿児島市金生町)1号館と2号館をつなぐ連絡通路(3階)で現在、アンケートを基にした「ホワイトデーでもらいたいギフト・ランキング」を発表している。アンケートは1月25日~2月14日、山形屋館内と隣接のベルク広場で実施した。

 「本命の彼(夫)からもらってうれしいギフト」のランキングトップは、10~30代=アクセサリー類、40代=洋服だったのに対し、「男性の友達(上司・同僚)からもらってうれしいギフト」のランキングでは、10代=チョコレート、20~30代=スイーツ、40代=口紅がトップとなった。

[広告]

 山形屋1号館地階の中央催場「ホワイトデーフェア」では「モロゾフ」の新商品「トリュフ デ トリュフ」(630円)や、「チョコレンガ」で知られる「モン・シェリー松下」の新商品「さくらレンガ」(小・525円)など、多くのホワイトデー商品を用意する。2号館1階の化粧品売り場「エスティ ローダー」で、無料で行っている「モノグラミング(ネーム入れ)サービス」(リップスティック、3,675円~)も「世界でたった一つしかない贈り物になるので、おすすめ」という。

 「バレンタインも含め、今年は花や動物モチーフ、デコスイーツなどの『カワイイ系』が多いのが特徴」と同社食品仕入部バイヤーの春山修一さん。「男性は女性に比べて、あまり下見をせずに(プレゼントを)準備することが多いよう。ランキングを参考にしてみては」とアドバイスする。

 営業時間は10時~20時。