見る・遊ぶ

天文館シネマパラダイス、上映ラインアップ発表-7スクリーンで10作品

5月3日にオープンする「天文館シネマパラダイス」。天文館に約6年ぶりに映画館が復活する。

5月3日にオープンする「天文館シネマパラダイス」。天文館に約6年ぶりに映画館が復活する。

  •  
  •  

 5月に鹿児島・天文館にオープンする商業施設ビル「LAZO表参道」内のシネマコンプレックス「天文館シネマパラダイス」の初の上映ラインアップが発表された。

プレミアムシート

 同施設は地上6階建てで、中央公園の地下駐車場「セラ602」(山下町)と地下連絡通路で結ぶ。映画を観賞すると駐車場利用料が4時間無料に。テナントフロアのオープンは5月1日、7スクリーンを擁するシネマコンプレックスのオープンは同3日。天文館から映画館が姿を消してから、約6年ぶりの復活となる。

[広告]

 オープン日からのラインアップは、「タイタニック 3D」「スター・ウォーズ エピソード1 ファント・ムメナス 3D」「アフロ田中」「捜査官X」「J・エドガー」など、鹿児島初上映作品含む約10作品を予定する。5月12日からは「世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」「スーパー・チューズデー~正義を売った日~」、19日からは「トロール・ハンター」、26日からは「ミッドナイト・イン・パリ」(鹿児島初上映)を上映予定。

 ポイントがたまるメンバーズカードを提示すると300円引きになる。ぴらもーるアーケード内に設置する特設カウンターでは4月末までの土曜・日曜、ポイントカードの会員を募集している。

  • はてなブックマークに追加