プレスリリース

家族で楽しめる自然とアート。種子島の小さな宿「泊まれる植物館あずまや」へ

リリース発行企業:株式会社studioKANRO

情報提供:

鉄砲伝来の地、JAXA種子島宇宙センター、国内有数のサーフスポットとして知られる種子島 そんな種子島・西之表市に面白い宿がある studioKANROがプロデュースする一日一組限定の「泊まれる植物館あずまや」だ 島の職人・クリエイターや建築家がコラボし創り上げたという 名前の通り、あずまやの庭には約200種類の植物が生息し、絶滅危惧種や固有種なども多く残っており、一年中花が咲くように設計されているので、どの時期に行っても楽しむことができる 小さな畑から季節の野菜を収穫し、備え付けのキッチンで調理するのも「あずまや」の楽しみ方のひとつ 大自然の中、子供から大人まで宿泊を通して、学び・遊び・癒しが体験できる種子島の小さな宿「泊まれる植物館あずまや」 また、あずまやの近くにある築180年にわたる昔の庄屋の空き家物件を、ホテル×舞台に大規模リノベーションする「SHO|YA project」も始動する。2020年秋完成予定 この夏の「島旅」に種子島はいかがでしょう。



鹿児島県・西之表港から車で美しい海岸線を進むこと約15分
小さな集落にひっそりと佇む「泊まれる植物館あずまや」



昨年大規模にリノベーションされた屋内は、種子島の自然素材を使い、島の伝統工芸職人や建築家によってデザインされている

ブランコやハンモックは子供だけでなく、大人も遊び心をそそられる
鳥の囀りを聴きながら、お酒を飲みながらユラユラと流れる時間は最高だ。

メインの空間に土間には島の砂鉄が含まれていて、黒光りする
木製のサッシや土壁ももちろん種子島産



備え付けのキッチンは、種子島焼の陶芸作家の特注タイルで仕上げている


宿泊は、1日1組限定の一棟貸し切りスタイル
全ての宿泊室から庭の植物を眺めることができる
夜のライトアップもみどころのひとつ




庭には、貴重な北限の固有種や絶滅危惧種も数多く、宿泊を通して楽しめる。
小さな畑スペースもあり、収穫した季節の野菜と、近くの海岸で釣った魚でBBQなんていかがでしょう。


「泊まれる植物館あずまや・種子島」
公式HP:https://www.azumaya-hotel.com/

◇所在地
鹿児島県西之表市住吉3610
◇アクセス
西之表港より車で15分
種子島空港より車で15分
バスで約25分

TEL:090-8228-4291
MAIL: info@studiokanro.co.jp
予約:一泊あたり21500円~※詳しくは公式HPより

運営:株式会社studioKANRO
公式HP:http://studio-kanro.com/

  • はてなブックマークに追加