プレスリリース

SDGsで考える地方創生の着地型観光企画「探究とらべる」

リリース発行企業:株式会社BUZZPORT

情報提供:

観光マーケティング事業を手掛ける株式会社BUZZPORTは着地型観光企画「探究とらべる」のサービスを開始。鹿児島県鹿屋市の廃校が体験型学習施設に生まれ変わった「ユクサおおすみ海の学校」と提携し、第一弾となる地方創生キャンプの参加者募集を開始しました。


探究とらべる
■事業解説
着地型観光プログラムで関係人口の拡大を目指す取り組みが全国各地で注目を集めていますが、「探究とらべる」は観光による地域課題の解決を目指す地方都市を舞台に、そこで事業を営む人々と地方創生に関心を持つ都会の人々の交流を生み出す観光プログラムです。
第一弾の取り組みとなる「地方創生キャンプ in 鹿屋」は少子化の影響で廃校となった小学校を宿泊型体験施設にリノベーションした鹿児島県鹿屋市の「ユクサおおすみ海の学校」と提携。豊かな自然に囲まれた廃校ホテルを基点に市内各所でフィールドワークを実施、校舎ではSDGsの考え方を取り込んだワークショップを行います。
ワークショップを担当するのはBUZZPORT代表の江藤誠晃。ツーリズム・プロデューサーとして国内外の観光地活性化策を手掛けてきたマーケティングメソッドを使って具体的な地方創生プランを構想します。 また、本事業はスカイマーク株式会社の協賛を得て羽田~鹿児島、神戸~鹿児島の路線活性化による双方向観光交流を目指す取り組みで、今後他の就航地への展開を目指します。

ユクサおおすみ海の学校

校長室を改装したツインルーム
旧教室に2段ベッドが並ぶ大部屋
朝食は地元名物の出汁茶漬け
地産地消のバーベキュー
校庭に建つツリーハウス

■SDGs の採用
本事業では地方創生を考える共通言語・尺度として国連の開発目標であるSDGsを
採用。7つの目標を設定してスタディプログラムを組み立てます。
フィールドワークで訪れる旧海軍鹿屋基地
フィールドワークで訪れる鉄道博物館

■キャンプ概要
● 日程:2020年 3月27日(金)~29日(日) ※鹿児島空港集合解散
● 場所:ユクサおおすみ海の学校/鹿児島県鹿屋市
● 料金:33,800円/1名
● 募集人数:20名

■キャンプ詳細
詳細は公式サイト内でご覧いただくことができます。
https://www.tankyutravel.com

■協賛
スカイマーク株式会社

■協力
鹿屋市、おおすみ観光未来会議、ユクサおおすみ海の学校

■主催
株式会社 BUZZPORT
所在地:〒651-0086 神戸市中央区磯上通 7-1-5 三宮プラザイースト10F
設立:2014年9月
代表者: 代表取締役 江藤 誠晃

  • はてなブックマークに追加