食べる

甲突川そばの老舗ラーメン店、「ラーメン女子」とコラボで新メニュー

女性客らが開発に関わった「フレッシュ・チリ・ヌードル」

女性客らが開発に関わった「フレッシュ・チリ・ヌードル」

  •  

 鹿児島市電・武之橋電停近くのラーメン店「塩麺(えんめん)」(鹿児島市下荒田1、TEL 099-256-9899)が10月1日、ラーメン好きの女性客らと一緒に開発した新メニューの提供をスタートする。

混ぜて食べるのがおすすめ

 今年で30周年を迎える老舗で、素材や無添加で時間をかけて作ることにこだわった「塩とんこつラーメン」と「支那そば」が売りの同店。昨年のリニューアル以降は、ショップデザインを一新し、季節限定メニューを積極的に投入するなどして、昔からのファンだけでなくサラリーマンや若い世代からの人気も集めている。

[広告]

 「店主が作り上げてきた伝統の味を守りながら、今の新しい感覚と融合させて継承していきたい」と、同店が初めて利用客と一緒に開発したのは、「フレッシュ・チリ・ヌードル」(780円)。もともと一人で来る女性客も多かったことから、女性目線で「ヘルシーにおいしく食べられるメニュー」を作ろうと、ラーメン好きのOLらと一緒にメニューを作り上げたという。

 もちもちして弾力のあるチャンポン麺に、キャベツやレタス、トマトといった野菜と、鶏ササミ、ゆで卵、白ゴマなどをトッピングし、チリソースと絡めて食べる。もともと四川料理が専門だった店主特製の、麺やトッピングに合わせたチリソースが決め手。

 ショップデザインに携わる富満寿夫さんは「(女性客とのコラボで)生粋のラーメン屋にはない発想をもらえた。鹿児島にないようなラーメン店を目指して、お客さんに笑顔になってもらいたい」と意気込む。

 新メニューは10月31日までの期間限定。営業時間は11時~15時、16時~20時(祝日は11時~15時)。日曜定休。