食べる

ラーメン店「薩摩思無邪」、米国進出記念で限定メニュー 好評で提供期間延長も

「マイアミカレー」(850円)

「マイアミカレー」(850円)

  •  
  •  

 鹿児島のラーメン店「薩摩思無邪(しむじゃ)」は現在、同市と姉妹都市盟約を結ぶ米フロリダ州マイアミ市への出店を記念した限定メニューを提供している。

「白醤油ラーメン」(750円)

 期間限定メニューとして提供しているのは、鹿児島中央駅西口店(鹿児島市西田2、TEL 099-258-7808)の「白醤油(しろしょうゆ)ラーメン」(750円)と、マイアミ通り店(堀江町、TEL 099-227-0250)の「マイアミカレー」(850円)。

[広告]

 現地でも提供中のメニューをアレンジした白醤油ラーメンは、宮内庁御用達で創業200年の「ヤマシン白醤油」を使った返しに、黒薩摩鶏のガラスープを合わせた。あっさりした味わいが女性を中心に人気を集め、6月末までだった提供予定を7月中ごろまで延長するという。1日20杯限定。

 マイアミカレーは、「隠れファン」も多いという同店の夏の定番メニューを改良したもの。自家製のうま辛インドみそと豚骨スープの相性が良く、「クセになる辛さが食欲を倍増させる」。粉チーズとご飯が付き、締めにリゾットのようにして楽しむこともできる。9月末まで。

 米マイアミの店舗は8月ごろ本オープン予定で、現在は観光客も多いマイアミビーチのバー「Able&Baker」内でポップアップショップを営業する。既に現地でも評判となり、大手口コミサイトなどでも「5つ星」の評価が続いているという。ベジタリアンやビーガン向けにビーツを使った「ベジポタラーメン」を仕込み中だとも。

 今年9月に開業5周年を迎えるに当たり、マイアミ通り店はコンセプトやメニュー構成も大きく変更予定。ラーメンと一緒にアペタイザー(おつまみ)やクラフトビール、オリジナルカクテルなども充実させていく予定で、現地でも試作を繰り返しているという。店主の前村敬一さんは「マイアミの風を感じる店にしていきたい」と意気込みを話した。

 営業時間は、中央駅西口店=11時~24時(金曜・土曜・祝前日は翌1時まで、日曜・祝日は22時まで)、マイアミ通り店=11時~15時・18時~22時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ