食べる

鹿児島の老舗精肉店「肉の名門 島田屋」がリニューアル 総菜コーナー新設

ショーケース横に新設された惣菜コーナー

ショーケース横に新設された惣菜コーナー

  •  

 鹿児島駅近くにある精肉店「肉の名門 島田屋」(鹿児島市上本町)が5月12日、リニューアルオープンする。

柔らかく煮込まれた作りたてチャーシュー

 1926年に創業した老舗の同店。来店客の買い回りを考慮し、店内を広くし、ショーケースも入れ替えた。冷凍されていない切りたての新鮮な肉が並ぶ。総菜コーナーも設け、従来の黒豚コロッケ(88円)、黒豚メンチカツ(139円)のほか、新メニュー「ビーフシチュー」(620円)、「ハンバーグステーキ」(550円)、「とりだんご甘酢あえ」(380円)など、常時7品以上の総菜が並ぶ。目玉商品は「作りたてチャーシュー」(100グラム、420円)。炊いているチャーシューを目の前で切り分けて販売する。

[広告]

 リニューアル企画第1弾として、黒毛和牛サーロインステーキ(170グラム)を限定50枚で1,000円で販売するほか、県産の黒毛和牛や黒豚などを通常より低価格で販売する。

 営業時間は10時~18時30分。