食べる

天文館に居酒屋「鳥門米門九州うまいもん」 「鹿児島の料理」をコンセプトに

店内の様子

店内の様子

  •  
  •  

 鹿児島の天文館に6月3日、居酒屋「鳥門米門九州うまいもん」(鹿児島市東千石町、TEL 099-225-7711)がオープンした。席数は65席。

店舗外観

 九州の自然が生み出す野菜、魚、畜産物などの新鮮な食材を調理して届けたいという思いから開店した同店。コンセプトは「鹿児島の料理」。同店では魚・鶏をメインとしており、抗生物質を使っていない平飼いで育った南国元気鷄、米は伊佐米を使っていて羽釜で炊いている。

[広告]

 店長の松田隆生さんが薦める料理は全国1位の生産量を誇る養殖カンパチ、ブリ、枕崎産本鰹の刺し身。他に、「あて巻き」(464円)、「キス天」(237円)、「自家製さつま揚げ」(626円)、「きびなご一夜干し」(680円)、「刺し身&天ぷら付き宴会コース」(3,500円~)を提供している。

 松田さんは「入りやすくて、居心地がいい店にしたい。仕事帰りや、さまざまなシーンで足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は16時~22時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ