見る・遊ぶ 買う

鹿児島の老舗酒造「新酒まつり」 一般初公開の蔵見学ツアーも

昨年の「いちき串木野新酒まつり」の様子

昨年の「いちき串木野新酒まつり」の様子

  •  
  •  

 鹿児島の老舗酒造「濵田酒造 傳藏院蔵」(いちき串木野市)で10月26日・27日、「第20回いちき串木野新酒まつり」が行われる。

今年限定の見学ツアー「樽(たる)貯蔵庫」

 同イベントは2000(平成12)年から毎年行われており、今回で20回目の開催となる。新酒の振る舞いや限定商品の販売、工場見学などのイベントを通して、蔵元自らが来場者とコミュニケーションを図る場として、年一度開催するファン感謝祭。昨年は約1万人が来場した。

[広告]

 20回目となる今回、同イベント限定オンラインショップを新設し、会場へ来られない人も期間限定でネット注文できるようにした。その他、麦焼酎「隠し蔵」の発売25周年を記念して、たる貯蔵庫の見学ツアーも今年限定で企画。昨年から行っている「蔵元BAR」では今年、「インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2019」ショウチュウ部門で部門最高賞を受賞した「だいやめ~DAIYAME~」を使った「新酒まつり限定のオリジナルカクテル」、一般公募した「焼酎の新・飲み方レシピ」グランプリ作品も提供予定。

 両日10時から行われる「振る舞いで乾杯」のイベント参加者の中から、先着100人に芋焼酎「海童」オリジナルのグラスを進呈するほか、開発中の新商品の試飲を行い、アンケート回答者にはオリジナルエコバッグを進呈する。

 広報宣伝課の川野修郎さんは「今年で20回目を迎えるいちき串木野新酒まつりは、今年できたての新酒が飲める2日間。麦焼酎「隠し蔵」見学ツアーや「蔵元BAR」など、多くのコンテンツで会えるのを楽しみにしている。毎年来ている人も今年初めて行ってみようと思った人も、会場でお待ちしている」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、26日=9時~17時、27日=9時~16時30分。オンラインショップ申し込みは10月23日まで。見学ツアーは定員になり次第締め切る。

  • はてなブックマークに追加