見る・遊ぶ

鹿児島中央駅近くに猫カフェ「にゃこる」 お菓子付きの待合室も

「猫カフェ にゃこる」の猫

「猫カフェ にゃこる」の猫

  •  
  •  

 「猫カフェ にゃこる」(鹿児島市中央町、TEL 050-3188-8914)が10月31日、鹿児島中央駅近くの西銀座通りにオープンした。

「猫カフェ にゃこる」の猫

 猫が待つ「にゃこルーム」は4階にあり、3階を待合室としている。1フロアの面積は約40平方メートル。「1回に入れる人数を5人までに制限しているので、せっかく4階まで来てくれた方をただ待たせるのは申し訳なかった。待合室を作って飲み物やお菓子も用意した」と、店主の榎田健二さん。

[広告]

 榎田さんは元々動物が好きで、保健所の殺処分問題に心を痛めていた。「何とかしたいという気持ちがあった。家猫は15年ぐらい生きるが、野良猫は2~3年しか生きられない。過酷な状況で生きる猫を助けたかった」と榎田さん。動物管理士などの資格を取り、開業に臨んだという。

 猫は現在15匹。保護施設から引き取ったり、榎田さん自ら傷ついた猫をケアしたりして集めた。中には、「排水口に落ちて死にかけて、3日間危篤だったが息を吹き返した猫もいる」とも。

 「にゃこる」の名前は「写メる」などの若者言葉から連想して作ったという。利用客は10~30代のカップルや夫婦、母と娘、女性の1人客などが多く、土日は混雑ぎみ。平日は14時以降の利用が多い。12月27日まではオープン価格として、平日は通常1時間1,080円が980円に、土曜・日曜・祝日は通常1,180円が980円となる。

 営業時間は11時~18時(受付は17時まで)。

  • はてなブックマークに追加