食べる

天文館に新グルメスポット「天文館かごしま横丁」 県産食材生かした店を集積

天文館かごしま横丁

天文館かごしま横丁

  •  

 地産地消をテーマにした店を集めた「天文館かごしま横丁」が8月21日、天文館の銀座通りにオープンした。

天文館かごしま横丁スタッフ

 「アスラボ」(東京)が運営する同施設。山梨県甲府市、宮崎市に次いで3カ所目となる。

[広告]

 昨年から出店希望者を募り、審査を通過した8店が出店している。鹿児島県の黒豚や地鶏、黒牛、野菜、地魚など県産食材を使った料理や鹿児島の郷土料理、洋食鉄板など幅広いジャンルの料理を提供する。

 席を移動せず8店の料理が楽しめ、まとめて会計を行うシステムとなっている。席数は、2階建て建屋に個室、屋上テラスを含む約230席。

 営業時間は17時~24時(土曜・日曜・祝日の前日は15時~24時)。火曜定休。