暮らす・働く

鹿児島の酒造会社が新元号を祝う祝賀会 焼酎や特産品振る舞う

「串木野盛り上げ隊隊長」竹原勇輝さんが書いた「令和」

「串木野盛り上げ隊隊長」竹原勇輝さんが書いた「令和」

  •  
  •  

 いちき串木野市の酒蔵「薩州濵田屋伝兵衛」(いちき串木野市湊町)で4月1日、新元号の発表を祝う祝賀会が開催された。主催はいちき串木野市特産品協会。

「薩州濱田屋伝兵衛」での新元号の発表

 「地域の方々と共に祝う新しい時代の幕開け」と題し企画した同イベント。発表を待つ間、特産品の「さつまあげ」「ちりめんせんべい」、焼酎の「DAIYAMNE」などを振る舞った。11時41分に新元号の「令和」が発表された瞬間、会場は歓声と拍手が起きた。参加者は「新年号発表の節目に、この会場で発表を聞けて良かった」と話していた。

[広告]

 来賓の田畑誠一いちき串木野市市長は「平成の終わりは明治維新150周年だった。ここ濵田酒造さんも創業150周年という伝統ある酒蔵。ここで新元号の発表をお祝いできるのはとても意義深い。いちき串木野市も新しい時代の幕開け、元気を出していい街ができるよう、みんなで力を合わせて頑張りましょう」とあいさつで述べた。

  • はてなブックマークに追加