見る・遊ぶ

鹿児島県立博物館プラネタリウム、「秋編」上映開始 工作企画も

  •  
  •  

 鹿児島県立博物館(鹿児島市山下町)で9月14日、「夢とロマンの星空散歩 秋編」の上映が始まった。

博物館天文教室の様子

 プラネタリウム番組「夢とロマンの星空散歩」を年間4作品制作・上映し、季節ごとの星空案内と星物語で構成している同館。今回の秋の星座案内ではペガスス座を取り上げる。星物語は水に関する星座を元にしたギリシャ神話を特集した「怪獣テュフォンの襲撃」を上映する。

[広告]

 期間中、「秋の星座の見つけ方」を紹介する番組オリジナルのリーフレットを観覧者全員に配布するほか、オリジナル番組の秋編を撮影する「博物館秋まつり」や天文に関連した工作を行う「博物館天文教室」なども開く。教室では、「東から上がり,南を通り,西に沈む」太陽の動きで時刻が分かる日時計を作る。

 同館の鈴東淳さんは「上映期間中に、ぜひ見に来ていただければ」と呼び掛ける。

 上映時間は11時~、13時30分~、15時~。11月28日まで。入館料は、未就学児無料、小・中学生=120円、高校生・一般=210円。博物館秋まつりは10月13日、天文教室は同27日開催。いずれも参加無料。

  • はてなブックマークに追加