学ぶ・知る

鹿児島の中学生、「作文コンクール」で都道府県別賞1等入賞 生命保険を題材に

「第57回中学生作文コンクール」表彰式の様子

「第57回中学生作文コンクール」表彰式の様子

  •  
  •  

 生命保険文化センターが運営する「第57回中学生作文コンクール」で、10月31日に鹿児島市立東谷山中学校2年の坂口花里菜さんが「都道府県別賞1等」を受賞した。

「第57回中学生作文コンクール」表彰式の様子

 1963(昭和38)年から「わたしたちのくらしと生命保険」を課題に毎年行われている同コンテスト。同センター作文係の担当者は「始まった当時は、中学生の皆さんに生命保険について関心を持ち、正しい知識を吸収し、その意義を理解されることこそ、将来立派な社会人として健全な家庭生活を築く上で極めて有益であるという考えの下で企画された」と話す。「現在では、中学生に生命保険の役割や意義を考える機会を提供するとともに、作文を通じて情操教育の推進に寄与することを目的に、『わたしたちのくらしと生命保険』を課題として作文コンクールを実施している」とも。

[広告]

 今年は全国1106校、3万2427編(鹿児島県からは26校424編)の作文の応募があり、鹿児島県の都道府県別賞1等に坂口花里菜さんの「保険のあり方」が入賞した。

 担当者は「全国賞8編と都道府県別賞1等の作品はホームページでも紹介している。中学生の視点で書かれた素晴らしい作品をぜひご覧いただければ。次回も中学生の皆さんからの応募をお待ちしている」と呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加