3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「イタリアンジェラートCOCO」が鹿児島・武岡に移転 14種類そろえる

店内の様子

店内の様子

  • 8

  •  

 「イタリアンジェラートCOCO」(鹿児島市武岡)が鹿児島市武岡4丁目に移転オープンして2カ月がたった。

「イタリアンジェラートCOCO」のピスタチオ

 以前は同市西田で営業していた同店。店主の了徳寺龍子さんは「学生や子ども連れ、仕事帰りの方などが、一息つけるオアシス的な場所を作りたかった」と話す。了徳寺さんの所有物件をリフォームすることでテラス席などを新設。くつろげる場所の提供が可能になったことから、5月6日に移転オープンするに至った。

[広告]

 店舗面積は約20平方メートル、店内テーブル2卓5席、テラス席3卓8席だが、現在は新型コロナ対策で店内席は減らして営業している。店の床は南欧風のタイル張りで、テラス席にはパラソルも設置。くつろいでもらうため、店内へ上がる際は靴を脱いでもらっている。

 常時14種類をそろえるジェラートは了徳寺さんが店内で手作りしており、果物は鮮度や旬にこだわる。人気商品は、「チョコチップ」や、お菓子のラムネが入った「ラムネ」、5~6種類の刻んだ果物が入った「フルーツゴロゴロヨーグルティーノ」など。了徳寺さんのお薦めは、スポンジの入った「ティラミス」と奄美の塩を使った「サンゴ塩」。

 価格は全て「カップ」(シングル=350円、ダブル=400円)、「コーン」(同=400円、同=450円)で、初めての人は1スプーンの試食もできる。

 旬の果物を使った期間限定のシャーベットには「鹿児島産たんかん」と「鹿児島産いちご」があり、無くなり次第終了。暑い季節にはミルクタピオカに好きなジェラートをトッピングできる「ジェラートタピオカ」(450円)も人気だという。

 「『近所におしゃれでくつろげる場所ができてうれしい』と地域住民の方々に喜んでもらっている」と了徳寺さん。「来店されたお客さまに声掛けするよう努めている。会話を楽しんでもらえたらうれしい。気兼ねなくゆっくりしていってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~18時。月曜定休(祝日の場合は営業、翌日休み)。駐車場は2台。