食べる 買う

鹿児島・天文館に韓国フライドチキン店 タッカルビやキンパ、チャミスルも

店舗外観

店舗外観

  • 140

  •  

 韓国フライドチキンチェーン「NENE CHIKIN(ネネチキン)」の鹿児島天文館店(鹿児島市千日町、TEL 099-294-9773)が4月16日、天文館センテラス隣りのグルメスクエアビル2階にオープンした。

店内の様子

[広告]

 韓国で20年以上続き、世界各国で1300店舗を展開する同チェーン。鹿児島県には初出店。天文館店の広さは約50坪、テーブル27~28卓を用意し70人を収容できる。韓国の屋台を感じさせる丸テーブルのエリアがあるほか、2カ所に大型モニターを設置する。

 チキンの味は5種類を用意し、定番の「フライドチキン」、甘辛の「ヤンニョム」、「カルビ味」、粉チーズがかかった「スノーウィング」、激辛の「ホットブリング」がある。チキンは「骨付き」「骨なし」「手羽元」から選べるほか、5種類から2つを選ぶ「ハーフ&ハーフ」も用意する。価格はハーフサイズ=1,679円~。

 韓国料理も取りそろえ、海鮮チヂミ(982円)、スンドゥブチゲ、トッポギ(以上882円)など。店長・熊谷大誉さんの「お薦め」は「チーズキムチキンパ」(882円)。ドリンクも韓国ビールや焼酎ソジュ、生マッコリ、韓国ブランドのソフトドリンクなどを用意し、女性客には「チャミスルが人気」だという。

 熊谷さんは「コロナ禍で旅行に行きにくい今、鹿児島にいながら韓国に行った気分になれる場所。暑くなってきたら、冷麺なども楽しんでもらえれば」と来店を呼びかける。

 営業時間は11時~23時。月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース